聞くこと 訊くこと 聴くということ

最近、カラーセラピストの資格を取得しました。

長年光を見る仕事をしているせいなのか、色に対しての関心が強く、
これまでもひとつの色に関心が向くと自分の中で急激なムーブメントが起きて
その色の服ばかりを着たり、身の回りの小物に至るまでその時一番好きと
感じる色のもので揃え始めます。

自分では全く意識していないのですが、写真の作品でも特徴的な色の出し方を
するらしく、フォトグラファー仲間から言わせると私が撮った写真だと『色で
わかる』そうです。

人にはそれぞれ色の表現方法があって、それは経験だったり思い出によって
潜在意識に刷り込まれたものや、本能的に生まれ持った集合的無意識レベルの
要素もあるそうです。

何れにしても色と心理は結びつていて、その時の心理状態によって関心が向く色や、
その色から得る恩恵があるのは確かで、古代には医学的な治療にも色の効能が
あるとされていたようです。

現代では心理面を支えていく方法としてカラーセラピーが活用されていますが、
勉強を進めていく中でとても深い考察だな・・と感じたのがきく事の違いを理解するということ。

クライアントをリーディングする上での大切な要素として、

聞く』・・・耳を使って聞く、相手の話を理解しようとしてきく。
訊く』・・・尋ねる。問いただす。(訊問)
聴く』・・・耳と目と心できく。
       相手の非言語(表情、動作など)を受け入れてきく。(傾聴)

Color Presents アドバンスカラーセラピスト テキストより

この3つのきくの違いによってきく側の解釈は大きく異なってきて、
それは普段の生活のコミュニケーションの中でも多いに言えることで、
なかなか自分の中に先入観を持たない上で『聴く』ことは
本当に難しいことだと思います。

そこにある想いを聴く力。

写真も、そこにある光を見る力によって、
その作品の説得力が大きく左右されると感じています。
その上で被写体の中にある想いに光を当てること。

色は可視光線という人が目で見て認識できる波長の範囲のものですが、
写真もカラーセラピーも、その物体の波長が放つ非言語に耳を澄ませる、
内側に光を当てて前進を促すという、深い洞察が必要な点でも一致しています。

心の中に、光の方向を指し示す色が眠っています。

因みに私は今、猛烈な紫ムーブメントを堪能している最中です。