ココロの中の色一覧

声なきメッセージ

『新しいものを吸収するには、古いものを手放す』

最近やたらとこのキーワードに出くわして、そんなサイクルにあるのだろうな・・とボンヤリ感じています。

2年位前に横浜の中華街の占い師にも同じ事を言われた記憶がありますが、一言「ヤダ」と言い返して占い師の女性を凍り付かせました。
今思えばあながち間違っていない見解だった気もします。

自分なりの解釈として断捨離の要素は物質やスキルといったものではなく『負の感情』を指していたのではないかな・・と、最近になってようやく思い至りました。

さて、カラーセラピーは色に投影された自分の潜在意識に眠った思いを言語化して心理を読み解く上で、とても有効な手段だと感じています。

初めてカラーセラピーのセッションを受けた際、色を媒介した言葉は驚くほど饒舌にその内側を語り始めて、表面化したその言葉に感情が芽生えて、自分自身に対して今まで感じたことのない、不思議な愛おしさを覚えました。

インナーチャイルドの言葉を聞く手段は様々です。

主にヒプノセラピーといった催眠誘導が知られていますが、架け橋の違いだけで、大切な事は『内なる子供』の存在に気付いてあげること、なのだと思います。

アメリカの大学の心理学研究で、人は1日に6万回の考え事をしてその内の80%、4万5千回はネガティブ思考なのだと言われています。

このネガティブ思考は人類が生き延びる上でDNAに刻まれた自己防衛本能でもあり、インナーチャイルドが過去の経験から学んだ思考パターンだとも言われています。

何れにしても人にはそれぞれ異なった『思いグセ』があって、なかなかその感情が変容しない原因は、『インナーチャイルドの孤独』によるものなのだそうです。

私が感じた不思議な愛おしさの感情は、やっと気付いて貰えた『内なる子供』の安心感から生まれたものなのか、何故か脳裏に一人でポツンと佇む少女が映像化されたのも事実で『じっと待ってくれていた自分に還る』みたいな、何とも愛おしい感覚でした。

最近たまたま見つけたシンギングボウルの音色がとても心地良くて、ずっと聴き続けています。
そして良いと思うとついシェアしたくなる質で、知り合いに送信しまくっています。

そう言えば随分昔、チベット仏教の五体投地の巡礼に無性に惹かれた時期があったな・・などと聴きながら思い出しました。

⇩⇩⇩⇩宜しかったら是非⇩⇩⇩⇩

Tibetan Healing Sounds #1 -11 hours – Tibetan bowls for meditation, relaxation, calming, healing

インナーチャイルドは決して負の感情だけに囚われている訳ではなくて、心地良かった出来事や趣向に対しての原体験もしっかり覚えてくれていて、声なきメッセージを送り続けてくれています。

そして100%永遠に、自分の味方なのだそうです。


ソウルスターチャクラ

人が特定の色に関心が向く時、そこには心理的要素が影響しています。

ここ数年で私が経験した関心の向く色の変化は第1チャクラから第7チャクラへと順番に移動して行って、今は身体の起点を超えた第8チャクラに当たるマゼンダが気になり始めていて、この無意識の変化と心理との関連性をとても興味深く感じています。

チャクラは古代インドのサンクリット語で『車輪』という意味で、身体の中心線上に主要なチャクラが7つあって、人間の生命エネルギーの流れをコントロールする上での大切な出入り口だと言われています。

尾骨に当たる第1チャクラレッドからオレンジ・イエロー・グリーン・ブルー・インディゴ・バイオレットと、各起点ごとに頭上へと上昇していくのですが、色の勉強をし始めてから見事に順を追って気になっていたことが分かって、これがスピリチュアル系で言うところの個人のアセンション的要素なのかどうかは解りませんが、この不思議な心理面の変化と、色との関わりは何なのだろうと感じています。

長年仕事の関係で毎日上下黒のスーツを着ていました。
いつからかプライベートでは意識的に黒を避けるようになり、洋服や靴、バック、小物類に至るまで黒は絶対に選ばず、自宅を建てた時も一番のこだわりの要素として黒を排除する事にひたすら専念した結果、唯一の黒はカウンターの上のペンダントライトの電源コード僅か30cm程度のみ。それでも若干の不本意さを感じていました。

色にはそれぞれポジティブな要素とネガティブな要素の両面の心理が働きます。
それはファッションや環境色、また与える側と受ける側という立場の違いでも異なる心理的影響があって、黒の色の持つ要素で言えば『スタイリッシュ』『重厚感』『本格的』といった心理と『内省』『ブロック』『拒絶』などの要素も併せ持ちます。

ここ数年徐々に黒色に対してのメンタルブロックが外れて、インテリアやファッションでも選ぶようになってきて、いつの間にか部屋のあちこちに点在していても違和感がなくなり、心理的にも落ち着きを感じるようになりました。

色に投影した、何かを拒絶したい心理がそこにはきっと働いていたのだろうと、今になって感じています。

また、かつてオレンジの第2チャクラ『自分の本質と繋がり人生を楽しむエネルギー』とイエローの第3チャクラ『自分らしさを確立して自信を高めるエネルギー』を飛び越えて、長い時間グリーンの第4チャクラ『慈愛の心を育てるハートのエネルギー』に執着し続けていたことも、とても腑に落ちます。

気になる色の要素と無意識に潜んだ自分自身の心理を紐付けしてみると、思考の偏りやどう在りたいかが驚くほど明確に見えてきます。

さて、マイブームの第8チャクラの色はマゼンダ。
『実り』『思いやり』といった要素と『利他的』といったやや自己犠牲的要素も併せ持っています。

先日参加した新しいヒーリングツールの体験会でのリーディングで『今こそソウルスターチャクラを開く時』と言われ「何それ???」と思って調べてみたら、何とマゼンダ・第8チャクラのことで、そのリンクにも少々ハッとしました。

カラーセラピーは思考と感情のバランスを調整する上で非常に有効な、そして太古の昔から人々を癒してきた原初的ヒーリングツールなのですね。

ちょっとこれ、ワクワクな展開です。


聞くこと 訊くこと 聴くということ

最近、カラーセラピストの資格を取得しました。

長年光を見る仕事をしているせいなのか、色に対しての関心が強く、
これまでもひとつの色に関心が向くと自分の中で急激なムーブメントが起きて
その色の服ばかりを着たり、身の回りの小物に至るまでその時一番好きと
感じる色のもので揃え始めます。

自分では全く意識していないのですが、写真の作品でも特徴的な色の出し方を
するらしく、フォトグラファー仲間から言わせると私が撮った写真だと『色で
わかる』そうです。

人にはそれぞれ色の表現方法があって、それは経験だったり思い出によって
潜在意識に刷り込まれたものや、本能的に生まれ持った集合的無意識レベルの
要素もあるそうです。

何れにしても色と心理は結びつていて、その時の心理状態によって関心が向く色や、
その色から得る恩恵があるのは確かで、古代には医学的な治療にも色の効能が
あるとされていたようです。

現代では心理面を支えていく方法としてカラーセラピーが活用されていますが、
勉強を進めていく中でとても深い考察だな・・と感じたのがきく事の違いを理解するということ。

クライアントをリーディングする上での大切な要素として、

聞く』・・・耳を使って聞く、相手の話を理解しようとしてきく。
訊く』・・・尋ねる。問いただす。(訊問)
聴く』・・・耳と目と心できく。
       相手の非言語(表情、動作など)を受け入れてきく。(傾聴)

Color Presents アドバンスカラーセラピスト テキストより

この3つのきくの違いによってきく側の解釈は大きく異なってきて、
それは普段の生活のコミュニケーションの中でも多いに言えることで、
なかなか自分の中に先入観を持たない上で『聴く』ことは
本当に難しいことだと思います。

そこにある想いを聴く力。

写真も、そこにある光を見る力によって、
その作品の説得力が大きく左右されると感じています。
その上で被写体の中にある想いに光を当てること。

色は可視光線という人が目で見て認識できる波長の範囲のものですが、
写真もカラーセラピーも、その物体の波長が放つ非言語に耳を澄ませる、
内側に光を当てて前進を促すという、深い洞察が必要な点でも一致しています。

心の中に、光の方向を指し示す色が眠っています。

因みに私は今、猛烈な紫ムーブメントを堪能している最中です。