わたしの想い一覧

ラベリングを外す

事の始めは、やはり新月

です。

8月は1日と30日の2回、新月がありました。

数年に一度、1ヶ月の間に2回新月を迎える月があるそうですが、宇宙はいつも様々な成長の種を蒔いてくれます。

特に7月の水星逆行は、コミュニケーションに於ける軋轢が発生しやすい星模様だったようで、蓋を開けた途端多くの星読みマスター達が発信していた通りヘビーな1ヶ月間で、著しくザワつきました。。

想い言葉にする

『譲る』『耐える』『慮る』

一見美徳のように思える利他的な精神が、果たして本当に美しいのか、人はそんな隠者のように、内省ばかり繰り返しては居られないものです。

アセンデッドマスターではないのですから。

そんな中、自分の中でふんわりと暖めていた『希望』が、堰を切ったように加速して、何と8月の1ヶ月間でやったこともないWebデザインに挑戦して、悪戦苦闘を経て新たにサイトを立ち上げました。

宜しかったらこちらにも是非、ご訪問下さい♡

 

これまで当サイトにご訪問頂いた皆さん、ありがとうございます。

ほぼほぼ写真の事はそっちのけ(^^;)に、思うがままのブログを書いてきましたが、今後当サイトはポートフォリオ的に運営していこうと考えております。

果たして自分は何者なのか・・・。

そんな愚問に囚われず、自分らしくあることの軌道を進めば良いのだと思います。


最近、老いが加速した母の表情が曇りがちです。

気丈で行動的で、いささかわがままが過ぎる面に兄弟揃って呆然とする日々でしたが、今はむしろ母自身が自らの『老い』に戸惑っているのかも知れません。

親である前に一人の人間だし、子供である前に一つの人格です。

既成概念に囚われない、目の前の仮面のラベリングを外せば、そこに広がる景色は、もっと色鮮やかに光り輝いて見えるのではないでしょうか♡


アースエンジェルが居るとか、居ないとか

一瞬で勇気

が湧きました。

数日前、
『ただ穏やかに生きて行きたいだけなのにアクシデントばかり起きるのは何故?』
Yahooトップで呆然と、しかも本気で検索をかけました。

そんな状況にあり、気分でした。

人の迷いを瞬時にフッ飛ばして更に勇気を与える人。
そんな仕事を嬉々としてされている人。
口は悪くても心に揺るぎない『愛』を抱えてる人。


そんな人、単純に超絶カッコイイと思いました♡

守りたいモノは何ですか?


天界からなのか、社会からなのか、はたまた隣に居る誰かからなのか、人はこの疑問に対する答えを強制的に、しかも唐突に求められることがあります。

そしてその時直観的に、しかも瞬時に出した答えの中に自分自身の『守りたいモノ』が浮き彫りにされるような気がします。

それは正邪の判断ではなく、あくまでも個人の価値観でしかないモノ。

この能動的にアクションを起こす『守りたいモノ』によって、人を笑顔にさせたり、安心を与えたり、一瞬で弱者を勇者に変貌させたり、そんな魔法使いのような人をスピ界隈で『アースエンジェル』と呼んだりするのかも知れません。

メタフィジック的な概念として天使界に於いても階級が存在していて、

神の掟を実行する能天使

悪魔から国の滅亡を防ぐ権天使

神と人類の間に立つ大天使

等、役割分担されています。

中でも『大天使』
この世の悪や災いから人々を守る『ミカエル』だったり、
不安を癒し平安をもたらす『チャミュエル』だったり、
気分的に身近な存在でもあります。

♡気分的に♡

アースエンジェル

はもっとすぐ側に居て、天界から地上に使わされた『使者』とでも言いますか、役割を担って敢えて地上に舞い降りた存在と位置付けられています。

自身は疲弊したり、時に混乱しながら、それでもそこに存在することによって人々を潤し、確実に個人や社会を次元上昇させる人。

一瞬でも心が救われたと感じた時、そしてそんな出会いに恵まれたなら、その時点で既に場面展開が始まっていると思うのです。

昨日お会いした『法』に携わる専門家の先生は、明らかに慌ただしい業務の最中
「何か急いだ方が良いような気がして」
と言って、時間を割いて話を聞いて下さいました。

その一言が、とても印象的でした。


想いのままに

圧縮突破

1ヶ月位前から『シールド』とはなんぞや・・・といったことを唐突に、そして強く感じました。

敢えて積極的に掘り下げず降りて来る時を待とうと思っていたところ、予想もしなかった方向から軋轢が発生し、
「ええ〜っつ!!そこお〜っ??!!」
と若干動揺しつつ、
『盾を持つ』ということの重要性に強制的に迫られている今日この頃です。

瀬戸際で感じる想い

乗っけからかなり抽象的な表現になってしまいましたが、不都合な状況下で感じる『想い』には、自分自身の潜在意識に潜んだ『願い』『価値観』が否が応でも表面化してきます。

所謂『火事場の馬鹿力』と似た感情とも思えます。

イドエゴ

フロイトは人間の感情を本能的欲求の『イド』と自我の『エゴ』に分類し、更に社会性をコントロールして本能を抑圧する感情を『スーパーエゴ』として、その傾向性や偏りによって性格形成されるとしました。

何に於いてもバランスが整うこと、中庸を目指すことが理想だとは思いますが、習慣化された思考性は慣れ親しんだルーティーンを繰り返し、時に突発的な外部刺激によって強制的にアップデートされます。

軋轢の体感

肉体も負荷を掛ける事で鍛え上げられますが、心に生じるあまりよろこばしくない出来事も、いつか自身の栄養となって恩恵を得る日が来ると信じたいし、実際これまでもそうだったし、この軋轢のリアルな体感がいずれ社会貢献へと繋がる道標なのだろうと、今強く感じています。

共有するということ

『保身』『エゴイズム』に極端に偏った内向のエネルギーは有害なガスを発生させる、人を蝕む大気汚染のようなものだと常々感じていて、そこには強烈な拒絶反応を覚えます。

エネルギーは共に育て、成長させて、共有してこそ、そこに新しい命が生まれます。


『シールド』という『盾』は言わば叡智で、その中には『知恵』『正義』『調和』や『理解』

そんな『想い』を想いのままに抱えていたいです。


心潤す空間

心地良さの波動は空間にも伝播する

ものだと感じます。

以前からとても気になっていて、行ってみたかったお店にようやく行けました♡

とても暖かくてやさしい空間で、ちょっと大袈裟な表現をすると手招きされたような気さえしています。

時折仕事以外でどうしても撮りたいという、抑えがたい衝動に駆られて写真を撮ることがあります。

その対象は人であることが大前提なのですが、被写体のマインドとかセオリーとか、

目に見えない形而上的な事柄

に興味が湧いて急激な衝動が起きているような気がします。

あくまでも後付けの理由ですが、撮ってから「そういうことね・・♡」とか自己満足的に納得したりもしています。

写真の仕事をし始めた頃の私はアウトドア志向真っ盛りでどこに行くにも尾瀬にも、富士山の頂上にも、重い一眼のネガ機を背負って出掛けていました。

プリントすると必ず当時の師匠にご教示を仰ぎたくて「見て下さい。」とか殊勝な行動を習慣化していましたが、ある時とても率直で手厳しい師匠が「肖像写真のカメラマンが風景を撮るようになったらおしまいだ。」と一言言い放ったのを機に、人物以外の写真はほとんど撮らなくなりました。

でもね、師匠。

生命を宿したものに対しての畏敬の念とか、視覚化されない思念の具現化とか、言わんとされていたことは全身全霊で受け止めていたつもりですが、ちょっと新たな視点を発見した気がしているのです。

空間に覆う波動をコントロールする

のはやはりそこに携わり佇む人々で、その波動は調度品や料理の一つひとつにも確実に宿っていて、例えて言うと一時期民族的ムーブメントにもなった無言の『お・も・て・な・し』となり人々の心を潤すのではないかな、なんて感じています。

那須高原にある旬香創作料理店『アワーズダイニング』さん。

断りもなく勝手に掲載してしまうこと、お許しくださいませ。
お料理もとても美しくて美味しかったです。
♡ご馳走様でした♡

そして心から寛ぐ空間でした。
また行きますね。
ありがとうございました。

那須高原には元々開拓者たちのスピリットが現在の一大リゾート地としての繁栄をもたらした背景があります。
そしてそれを受け入れる広い受容性が備わった土壌だったから成立したとも言えるかと思います。

私は一方的に恋い焦がれて移住した都会育ちのよそ者ですが、未だ那須の新たなディテールを発見をする度益々想いが募ります。

所謂恋って、理屈抜きの自分本位な推し感ですしね・・。

まあ、それが堪らんのですわ♡


『ミルキーウェイ』が象徴するもの

最近、30年以上使用していたソファーセットを処分しました。

併せて母親が旅先で一目惚れして衝動買いしてきた、異常に重たくて部屋のテイストに全くそぐわない、おまけに冬は冷たくて触れた瞬間全身に不快感が走る大理石のテーブルも引き取って貰いました。

無垢板やアースカラー中心のインテリアの中で、視覚エリアとしても存在感のある家具のテイストが妙に異彩を放っていて、長年違和感を感じながら生活していました。

ずっと処分出来なかった理由は、母親が気に入っているものだったから。

毎日部屋にを飾っています

那須高原には地元の農家さんが農産物を直接卸す直売所が沢山あります。

完全自炊派の私にとっては本当に有り難く、毎日地元の新鮮な採れたて野菜を美味しく戴いています。

直売所には沢山の切り花も売っていて、都会では想像も付かないような安さとボリュームの豪華な花束が買えて、その時期にしか咲かない花とその香りに日々癒されています。

バラの咲く季節のなると決まって小学校に上がったばかりの下校途中に綺麗な真っ赤なバラの花を一輪摘んで帰った日のことを思い出して、ちょっとだけ切ない気分になります。

当時担任の先生から「ランドセルが歩いてる。」と言われていた位体がとても小さかった私にとって小学校までの道のりは本当に長い距離に感じました。

その長い帰り道の間中、真っ赤なバラの花が大好きだった母親がそれを受け取った時の嬉しそうな顔だけを想像して、小さな手で大事に握り締めて帰りました。

が、しかし・・。

結果は想像もしなかった真逆の反応で、
「人の家の物を勝手に取って来て、そんなものは受け取れない!!云々・・・etc…」
あまりにもショック過ぎて、その後の記憶が全くありません・・。

まだ幼くて何処からが公共のエリアで何処からが私有地なんていう、境界線の概念がそもそも認識出来ていない時期で、それ以来真っ赤なバラの花は苦手です。

今日は宇宙の大イベント、七夕

東洋でいう天の川は西洋ではミルキーウェイと呼ばれていますが、名前の由来はギリシャ神話がモチーフになっています。

ミルキーウェイ最高神ゼウスの妻である女神ヘラの母乳が(なかなか滑稽な経緯で)銀河に飛び散って拡がったものだと言われていますが、『母性』や『女性性』の寛大さ、無限性の象徴、といった概念だとも捉えられるかと思います。

私は自らの意思で母親の喜びといったことに長年こだわり続けてきたつもりでしたが、今思えばもしかしたらそれは私自身の身勝手な執着でしかなかったのかも知れません。

ミルキーウェイは母性的な大きなを象徴するもの

雲に覆われた大気圏の彼方のミルキーウェイ上では、今年も織姫彦星が一年で一度きりの再会を果たしているはずですが、どんな関係性であれ、それくらいの間合いと距離感、悪くない気がします♡



『言』の『葉』

『言葉』から得る感情は人によって違います。

ただ投げかけられたその言葉以上の想いは、誰でも何となく感じるものです。

日本の古神道の思想で〝人の心を『種』として表れ出た『葉』〟言の葉
すなわち言葉だと言われています。

大和言葉って本当に美しいですね♡

霊・数霊・音霊・色霊・型霊。

日本では古来からすべてのものに(たましい)が宿るとされています。

中でも言霊ことだま)という言葉はとても馴染みのある表現で、私も日常的によく使います。

たとえさほど気の利いた言い回しではなくても、その言葉に『愛』があればあたたかい『たましい』が宿るし、逆も然りだと確かに感じます。

言葉を媒介したそれは『エネルギー』だし、種を蒔いたその人自身がその言葉によって育てた『葉』の栄養が『実』となって出来上がったものが『人格』なのだとしたら、結果

自分が発した言葉を受け取るのは、やはり自分自身。

という事だとも思うのです。

残る数霊・音霊・色霊・型霊の中の『色』から得られる心の『言葉』と、その心が必要とする『色』での処方を目下勉強中ですが、

カラーセラピーは例えて言うならば文学の世界。

エコール・ド・メチエ -色彩必読書-より引用

という言語表現の美しさに品格を感じます。

それぞれの色が持つ神話や象徴性に対しての深い理解を得た上で、詩的表現でカウンセリングするのが優れたセラピストであるとの指針なのですが、その理念自体がもはや文学的です。

言霊と言われる心の種はある種のエネルギーだとして。

そのエネルギーが人の感情を動かしたりしながら、最も自分自身の存在の『実』を成らせる『種』なのだとして。

うん・・・。
多分、そんな気がします。


雨の日に、趣向の仕分け作業を

今月の始めに東京に行った際タチアオイの花が中間くらいまで咲いていて、「あら?梅雨入ってるの?」と思った途端雨続きの毎日で、一気に気力が低下し始めました。

テレビを全く見ないので情報収集にタイムラグが生じますが、さして不便も感じず過ごしています。

梅雨の時期は古傷が痛むとか、洗濯物が乾かないとか、何かと日常生活にも不都合が生じて、雨の日は嫌いです。

低気圧が続くと『メラトニン』の分泌バランスが崩れて体内時計がうまく働かず睡眠の質が低下したり、日照不足による『セロトニン』の減少で自律神経が乱れるとか、科学的にも心身に悪影響が出ることが証明されています。

よく気圧の低い山に登るとお菓子の袋がパンパンに膨らみますが、人の体の中の水分も膨張することでむくみやだるさの原因になるのだそうです。

太陽を待ち侘びたいものです。

さて、自分のやりたい事が分からないとか、そもそも無いとかたまに聞いたりしますが、確かに不合理が重なって思考のバランスが少し乱れると、気圧の変化で体に負荷が掛かるのと一緒で気持ちにも抑圧を感じたりします。

『ピンチはチャンス』なんて言い方をしますが、岐路に迷った時そう簡単に大手を振って「よしっ!来たっ!!」とは即座に思えませんよね。

自分自身の趣向を改めて整理する手段としてアンチなテーマを列挙してみると、思考の断捨離が出来るのだそうです。

やりたい事に特化して暗中模索に陥る前に、まず自分の趣向とそぐわない事柄を整理してみると、不要な感情が自然と外に吐き出されたりします。

梅雨の時期に体内に溜まった毒素をデトックスして正常な血液循環を促すように、単純に『要らない』と感じた物から順にお片づけしていくと、埋もれていた物の中からすっかり忘れていた大切なモノが見つかったりするものです。

私は今年の年頭にこれからブラッシュアップさせたい事柄を

・去年始めたこと
・継続したいこと
・発展させたいこと

の3項目に分けてノートに書き出してみました。
そうすると単語のパーツがそれぞれ組み合わさって、頭の中で立体的な形が何となく立ち上がってきました。

趣向の仕分け作業はもっと単純な事柄で良いのだと思います。

「私は雨は嫌いですが、雨が降る前の空気の匂いは好きです。」
「心がザワつくのでテレビは見ませんが、家でも車の中でもずっと音楽を聴いています。」
「人混みが苦手です。」
「華やかで美しいものが大好きです。」
「子供達の音ハズレで声量マックスな歌声が大好きです。」etc…..

趣向の整理整頓をした時、自分自身の等身大のセルフフィギュアが立ち上がってくるのでは?

雨の日の静かな時間、ちょっとやってみて下さい。
案外、楽しいです。


上にあるものは、下にある

去年のいつ頃からか、ある図形が気になって頭から離れなくなりました。

『セフィロト(生命)の樹』

10個の円が規則的に並べられ、それぞれが線で繋げられた図形に一体どんな法則が隠されているのか、調べても調べても謎が深まるばかりでひたすら不思議な図形を眺め続けていました。

出てきたキーワードは、『カバラ』『ユダヤ神秘主義思想』『世界最古の秘教的哲学』『旧約聖書』など。

拾い集めた意味は、

○ 魂を見出す意識の地図。
○ すべてはひとつ。
○ そこに至るまでの多様な視点や原理の過程。
○ 幻想的願望充足。

何だか益々未知で、中には「『生命の樹はとても深遠な教義なので簡単には理解出来ない。知ろうなどと思うべからず。」的なゴリゴリ選民意識な記事まであり、そんなこと言われたら余計気になるのが人の心理というものです。

理解に至らないままモヤモヤは更に混沌へと変わり、諦めかけていた頃ようやく1冊の本を発見しました。

生命の樹研究家 小西温子さん著
宇宙とつながる、意識の地図
『生命の樹——受け取りの法則』
月のリズムで行うワーク22日間

タイトルも長いですが著者の『生命の樹』に込められた情熱がパンパンに詰まった全572頁。
まるで辞書のような厚み・・・。

『カバラ』はユダヤ秘教学で『生命の樹』はその哲学を象徴した図形です。

『伝承』『受け取る』『錬金術』などの意味を持ちますが、著書の中に『幸せであることが、世界に対する一番の貢献』という一文があります。

ゲシュタルト心理学で定番の『欠けた円』は、人の無い物ねだりな心理を視覚化した図でもありますが、枯渇した意識の蓄積が他者に対しての羨望となり、結果自分自身を苦しめたりもします。

不安は保身となって奪うことに夢中になり、それを『戦』だと美化する男性的意識はとても見苦しく不幸だとも感じます。

『カバラ』の概念は『既に有るものを受け取るという、女性的意識です。

願いを叶える7つの要素は
『待つ』『聞く』『許す』『感じる』『気付く』『委ねる』『引き出す』

小西温子著「生命の樹—-受け取りの法則』より引用

『幸せ』の定義は本当に難しいと思います。

『生命の樹』の受け取る教えは、『肉体』『宇宙』『意識』三位一体の宇宙と人間を繋ぐ法則で、自分の本来の在り方、発揮する要素に気付かせてくれるのが『カバラ』の教えなのだそうです。

上にあるものは、下にある。


それなりに一喜一憂する日々の中で世界最古の哲学を会得する事は容易ではありませんが、ほんの少し欲しい気持ち、『幻想的願望充足』は果たせた気がしています。

ところで肝心な内容についてはすっかり割愛してしまいましたが、「上って一体どこで、下に何があるの???」とモヤモヤした方は是非小西温子さんの著書を読んで頂き、ウェイクアップコールに耳を澄まして頂ければ『幸せ』に思います♡




11:11『願いが叶う時間』

エンジェルナンバーをよく目にします。

むしろ意識的に過ごしているので目にする頻度が高いのは言うまでもありませんが、スマホの時計だったり行き交う車のナンバーだったり充電の残量だったり、ゾロ目が揃った数字にまつわるメッセージ性を見出すことに、日々ワクワクしながら過ごしています。

近頃はエンジェルナンバーに限らずアークエンジェルライトワーカーパラレルワールドや、象徴性が際立ったカタカナに触れて活発に活動する左脳の働きを和らげたりもしています。

創造性を刺激する上でこれは本当に有効なワークだと感じていて、ただし深掘りのし過ぎにはくれぐれも用心しつつなのですが・・。

昨年鑑賞したシルク・ドゥ・ソレイユ30周年記念公演の『KURIOS』は、リアリティーとファンタジーが共存した不思議な世界観を圧巻のエンターテイメントで魅了してくれる、本当に感動的な公演でした。

『KURIOS』を訳すと『好奇心』『骨董品』
サブタイトルは『Cabinet of Curiosities』
『ヨーロッパのルネサンス時代の不思議な物を収納した棚』という意味らしく、博物館や美術館の前身を指しているのだそうです。

目に見えないものが存在すると信じる主人公のシーカー。

自分が蒐集した骨董品を寄せ集めて作ったヘンテコな機械の中に足を踏み入れた途端、次々と風変わりなキャラクターが登場して摩訶不思議なストーリーが展開していくのですが、『KURIOS』の舞台装置の時計はストーリー中ずっと『11:11』を指していて、欧米では偶然が重なり合うような幸運な時間『願いが叶う時間』と言われています。

人は日々目の前で起こる出来事を頭の中で情報処理しながら、時にジャッジメントして心を揺さぶられたりしています。

『選択』して『決断』して『実行』する。

毎日些細な瞬間的行動もすべてこの繰り返しの中で過ごしていて、そのほとんどが左脳が司る領域の事柄です。

課題によっては思考のスパイラルに陥って、なかなか抜け出せなくなる事も間々生じたりします。

ユーミン『優しさに包まれたなら』という曲の歌詞の中に『目に映るすべてのものはメッセージ♪』というフレーズがあって、その歌詞自体がスペシャルなメッセージだと思っています。

雨上がりの通勤途中虹が出ていたとか、ふと見上げた空の雲が天使に見えたとか、流れ星を見たとか・・・。
日常の中で起こる小さいサプライズな出来事に触れた時、「何か良いことありそう♡」と感じます。

『KURIOS』の物語は『11:12』に変わった途端現実世界に戻りますが、その1分間の間に実は大きな飛躍の夢を見ている』というメッセージが込められています。

ふと目にしたものから唐突に得られるエポックメイキングな閃きは、左脳で集めた『骨董品』が右脳の『好奇心』によって変容する瞬間なのかも知れません。

右と左でバランスを保って、仲良く相互補助し合っているのですね♡



高次の視野

昨日は満月。

5月の満月はウエサク満月と言ってお釈迦様が生まれた日、悟りを開いた日、亡くなった日、すべて春の満月の日だったそうで、私の大好きな西洋占星術的観点だと『天界と地上の間の通路が開いて強力なエネルギーが降り注ぐ日』なのだそうです。

何やら特別な日だったようですが、既に1日過ぎてしまいました・・・。

満月の日の意識は

『振り返り・手放し・感謝』

西洋占星術の入り口より引用

無意識のうちにも何れかの要素が心身に何かしらの影響を与えていることを実感し始めてから、最近では新月満月の日には月の持つ要素を意識して過ごすように心掛けています。

月は地球の唯一の衛星で、地球がその他の太陽系の惑星同様太陽の周りをグルグル公転してるように、月も地球の周りをグルグルしています。

地球と月の関係を色々調べてみると本当に面白くて、中でも月誕生の起源が諸説あるなか、1975年に提唱された『ジャイアント・インパクト説』というのが、どうやら最有力視されているということを知りました。

この『ジャイアント・インパクト説』というのは、地球が約46億年前誕生して間もなく火星サイズの天体が地球に衝突し、宇宙空間に飛び散った地球のカケラが集まって出来たのが月、という説です。

この学説より先に地球と月が同時期に誕生したことは分かっていたことのようですが、月の岩石の成分を分析した結果、地球由来のものと地球外由来の成分が含まれていることも分かり、比較的新しいこの学説の信憑性は濃厚なようです。

地球と月は元は同じ魂を持った星ってこと?
うーん・・、なんかツインレイ 的で、ステキ♡

宇宙の中心は地球という天動説が中世キリスト教のヨーロッパでは信じられていたのがほんの500年位前の出来事で、現代に生きる私たちにとっては何だか幼稚な論理に感じてしまうのですが、偏狭なコミュニティでの価値観を支持したり、異論に対して圧力を加えたりする行為は、今も昔もあまり変わっていない気はします。

ただ、この時代純粋に天文学を研究していた女性は『女性の錬金術師』という理由だけで酷い拷問の末に処刑されたという身も凍るようなおぞましい史実を発見して、こんなことを少し皮肉まじりに自由に表現できる環境にあることは、とても幸運なことだと痛感します。

地球は地軸が黄道より23度傾いていて、月の引力によってバランスを保っていますが、月は毎年3〜4cm位づつ地球から離れているらしく、いずれ地球の衛星ではなくなってパートナー関係が解消されてしまう日が来るのだそうです。
相当に遠い未来の話ではありますが・・。

月の引力を失った地球は完全にバランスを崩して大暴走をし始め、猛スピードで自転したり、気候も大変動を起して大気が荒れて大風が吹き、もはや生物が住める環境では無くなってしまうのだそうです。

満月の日に意識する要素は
『無いものではなく、今あるものに感謝する』
こと。

宇宙という高次の視野から自分自身の環境を俯瞰してみたいと思いますが、何より、令和最初のウエサク満月は本当に美しかったです⭐︎⭐︎⭐︎