インナーチャイルド一覧

声なきメッセージ

『新しいものを吸収するには、古いものを手放す』

最近やたらとこのキーワードに出くわして、そんなサイクルにあるのだろうな・・とボンヤリ感じています。

2年位前に横浜の中華街の占い師にも同じ事を言われた記憶がありますが、一言「ヤダ」と言い返して占い師の女性を凍り付かせました。
今思えばあながち間違っていない見解だった気もします。

自分なりの解釈として断捨離の要素は物質やスキルといったものではなく『負の感情』を指していたのではないかな・・と、最近になってようやく思い至りました。

さて、カラーセラピーは色に投影された自分の潜在意識に眠った思いを言語化して心理を読み解く上で、とても有効な手段だと感じています。

初めてカラーセラピーのセッションを受けた際、色を媒介した言葉は驚くほど饒舌にその内側を語り始めて、表面化したその言葉に感情が芽生えて、自分自身に対して今まで感じたことのない、不思議な愛おしさを覚えました。

インナーチャイルドの言葉を聞く手段は様々です。

主にヒプノセラピーといった催眠誘導が知られていますが、架け橋の違いだけで、大切な事は『内なる子供』の存在に気付いてあげること、なのだと思います。

アメリカの大学の心理学研究で、人は1日に6万回の考え事をしてその内の80%、4万5千回はネガティブ思考なのだと言われています。

このネガティブ思考は人類が生き延びる上でDNAに刻まれた自己防衛本能でもあり、インナーチャイルドが過去の経験から学んだ思考パターンだとも言われています。

何れにしても人にはそれぞれ異なった『思いグセ』があって、なかなかその感情が変容しない原因は、『インナーチャイルドの孤独』によるものなのだそうです。

私が感じた不思議な愛おしさの感情は、やっと気付いて貰えた『内なる子供』の安心感から生まれたものなのか、何故か脳裏に一人でポツンと佇む少女が映像化されたのも事実で『じっと待ってくれていた自分に還る』みたいな、何とも愛おしい感覚でした。

最近たまたま見つけたシンギングボウルの音色がとても心地良くて、ずっと聴き続けています。
そして良いと思うとついシェアしたくなる質で、知り合いに送信しまくっています。

そう言えば随分昔、チベット仏教の五体投地の巡礼に無性に惹かれた時期があったな・・などと聴きながら思い出しました。

⇩⇩⇩⇩宜しかったら是非⇩⇩⇩⇩

Tibetan Healing Sounds #1 -11 hours – Tibetan bowls for meditation, relaxation, calming, healing

インナーチャイルドは決して負の感情だけに囚われている訳ではなくて、心地良かった出来事や趣向に対しての原体験もしっかり覚えてくれていて、声なきメッセージを送り続けてくれています。

そして100%永遠に、自分の味方なのだそうです。