カラーセラピスト一覧

『言』の『葉』

『言葉』から得る感情は人によって違います。

ただ投げかけられたその言葉以上の想いは、誰でも何となく感じるものです。

日本の古神道の思想で〝人の心を『種』として表れ出た『葉』〟言の葉
すなわち言葉だと言われています。

大和言葉って本当に美しいですね♡

霊・数霊・音霊・色霊・型霊。

日本では古来からすべてのものに(たましい)が宿るとされています。

中でも言霊ことだま)という言葉はとても馴染みのある表現で、私も日常的によく使います。

たとえさほど気の利いた言い回しではなくても、その言葉に『愛』があればあたたかい『たましい』が宿るし、逆も然りだと確かに感じます。

言葉を媒介したそれは『エネルギー』だし、種を蒔いたその人自身がその言葉によって育てた『葉』の栄養が『実』となって出来上がったものが『人格』なのだとしたら、結果

自分が発した言葉を受け取るのは、やはり自分自身。

という事だとも思うのです。

残る数霊・音霊・色霊・型霊の中の『色』から得られる心の『言葉』と、その心が必要とする『色』での処方を目下勉強中ですが、

カラーセラピーは例えて言うならば文学の世界。

エコール・ド・メチエ -色彩必読書-より引用

という言語表現の美しさに品格を感じます。

それぞれの色が持つ神話や象徴性に対しての深い理解を得た上で、詩的表現でカウンセリングするのが優れたセラピストであるとの指針なのですが、その理念自体がもはや文学的です。

言霊と言われる心の種はある種のエネルギーだとして。

そのエネルギーが人の感情を動かしたりしながら、最も自分自身の存在の『実』を成らせる『種』なのだとして。

うん・・・。
多分、そんな気がします。


実らせたいモノって何ですか?

夢の実現とか、目標の達成とか、色々理論立ててプロットを組むことももちろん大事だと思います。

でも何より、『好きな自分』でいることが大前提なのではないかと思うのです。

久しぶりに会った瞬間、良い時間を過ごしていることが分かって嬉しくなりました。

会わなかった時間のあれやこれやを聞いて、更に納得しました。

ターニングポイントには大小の差こそあれ、何かしらの風が吹くものです。

その風が何処から吹いているのかより、何処に向かおうとしているのかをフラットに判断する術は、人間にそもそも備わった直感であったり情報処理能力であったり、肝心なことは時を察知できる『素直さ』なのではないかと思います。

もっと言ってしまうと、その『素直さ』を持った人が引き寄せた偶然の連なりの先に、見たかった景色が広がっているのだろうと感じます。

きっとそうなのだろうと。

新たに取得したカナダ式センセーション・カラーセラピーセッションのモニターをお願いしましたが、急に思い立ってカメラを持参して一緒に出掛けました。

話の相槌を打ったりシャッターを切ったり、結局同時にやっていて、私が写真を撮る姿を見るのも久しぶりだし、かつて撮っている姿を見るのも好きだったと言ってくれました。

何より私は意思を感じる女性の話を聞くことと、写真を撮ることが大好きです。
なので同時にやらせて頂きました♡

そして、自分の『今』に対して『All ok!! 』と確信できるきっかけになれば嬉しいですし、写真にはその力があると、本気で信じてもいるのです。

あー、楽しかったな♪



ソウルスターチャクラ

人が特定の色に関心が向く時、そこには心理的要素が影響しています。

ここ数年で私が経験した関心の向く色の変化は第1チャクラから第7チャクラへと順番に移動して行って、今は身体の起点を超えた第8チャクラに当たるマゼンダが気になり始めていて、この無意識の変化と心理との関連性をとても興味深く感じています。

チャクラは古代インドのサンクリット語で『車輪』という意味で、身体の中心線上に主要なチャクラが7つあって、人間の生命エネルギーの流れをコントロールする上での大切な出入り口だと言われています。

尾骨に当たる第1チャクラレッドからオレンジ・イエロー・グリーン・ブルー・インディゴ・バイオレットと、各起点ごとに頭上へと上昇していくのですが、色の勉強をし始めてから見事に順を追って気になっていたことが分かって、これがスピリチュアル系で言うところの個人のアセンション的要素なのかどうかは解りませんが、この不思議な心理面の変化と、色との関わりは何なのだろうと感じています。

長年仕事の関係で毎日上下黒のスーツを着ていました。
いつからかプライベートでは意識的に黒を避けるようになり、洋服や靴、バック、小物類に至るまで黒は絶対に選ばず、自宅を建てた時も一番のこだわりの要素として黒を排除する事にひたすら専念した結果、唯一の黒はカウンターの上のペンダントライトの電源コード僅か30cm程度のみ。それでも若干の不本意さを感じていました。

色にはそれぞれポジティブな要素とネガティブな要素の両面の心理が働きます。
それはファッションや環境色、また与える側と受ける側という立場の違いでも異なる心理的影響があって、黒の色の持つ要素で言えば『スタイリッシュ』『重厚感』『本格的』といった心理と『内省』『ブロック』『拒絶』などの要素も併せ持ちます。

ここ数年徐々に黒色に対してのメンタルブロックが外れて、インテリアやファッションでも選ぶようになってきて、いつの間にか部屋のあちこちに点在していても違和感がなくなり、心理的にも落ち着きを感じるようになりました。

色に投影した、何かを拒絶したい心理がそこにはきっと働いていたのだろうと、今になって感じています。

また、かつてオレンジの第2チャクラ『自分の本質と繋がり人生を楽しむエネルギー』とイエローの第3チャクラ『自分らしさを確立して自信を高めるエネルギー』を飛び越えて、長い時間グリーンの第4チャクラ『慈愛の心を育てるハートのエネルギー』に執着し続けていたことも、とても腑に落ちます。

気になる色の要素と無意識に潜んだ自分自身の心理を紐付けしてみると、思考の偏りやどう在りたいかが驚くほど明確に見えてきます。

さて、マイブームの第8チャクラの色はマゼンダ。
『実り』『思いやり』といった要素と『利他的』といったやや自己犠牲的要素も併せ持っています。

先日参加した新しいヒーリングツールの体験会でのリーディングで『今こそソウルスターチャクラを開く時』と言われ「何それ???」と思って調べてみたら、何とマゼンダ・第8チャクラのことで、そのリンクにも少々ハッとしました。

カラーセラピーは思考と感情のバランスを調整する上で非常に有効な、そして太古の昔から人々を癒してきた原初的ヒーリングツールなのですね。

ちょっとこれ、ワクワクな展開です。


聞くこと 訊くこと 聴くということ

最近、カラーセラピストの資格を取得しました。

長年光を見る仕事をしているせいなのか、色に対しての関心が強く、
これまでもひとつの色に関心が向くと自分の中で急激なムーブメントが起きて
その色の服ばかりを着たり、身の回りの小物に至るまでその時一番好きと
感じる色のもので揃え始めます。

自分では全く意識していないのですが、写真の作品でも特徴的な色の出し方を
するらしく、フォトグラファー仲間から言わせると私が撮った写真だと『色で
わかる』そうです。

人にはそれぞれ色の表現方法があって、それは経験だったり思い出によって
潜在意識に刷り込まれたものや、本能的に生まれ持った集合的無意識レベルの
要素もあるそうです。

何れにしても色と心理は結びつていて、その時の心理状態によって関心が向く色や、
その色から得る恩恵があるのは確かで、古代には医学的な治療にも色の効能が
あるとされていたようです。

現代では心理面を支えていく方法としてカラーセラピーが活用されていますが、
勉強を進めていく中でとても深い考察だな・・と感じたのがきく事の違いを理解するということ。

クライアントをリーディングする上での大切な要素として、

聞く』・・・耳を使って聞く、相手の話を理解しようとしてきく。
訊く』・・・尋ねる。問いただす。(訊問)
聴く』・・・耳と目と心できく。
       相手の非言語(表情、動作など)を受け入れてきく。(傾聴)

Color Presents アドバンスカラーセラピスト テキストより

この3つのきくの違いによってきく側の解釈は大きく異なってきて、
それは普段の生活のコミュニケーションの中でも多いに言えることで、
なかなか自分の中に先入観を持たない上で『聴く』ことは
本当に難しいことだと思います。

そこにある想いを聴く力。

写真も、そこにある光を見る力によって、
その作品の説得力が大きく左右されると感じています。
その上で被写体の中にある想いに光を当てること。

色は可視光線という人が目で見て認識できる波長の範囲のものですが、
写真もカラーセラピーも、その物体の波長が放つ非言語に耳を澄ませる、
内側に光を当てて前進を促すという、深い洞察が必要な点でも一致しています。

心の中に、光の方向を指し示す色が眠っています。

因みに私は今、猛烈な紫ムーブメントを堪能している最中です。