母の日一覧

称賛の記憶

とても素敵なお話を聞きました。

お話してくれた女性は、かつてご自身のお母さんから
「あなたはとっても素直。それがあなたの一番の魅力。」
と言って褒めて貰ったそうです。
その一言がすごく嬉しかったと、本当に満ち足りた表情で話してくれて、その幸福感の波動が聞いている私にも伝わってきて、心がじわーっと暖かくなりました。

娘にとって母親は良くも悪くも自分がその先どんな生き方をするかのロールモデルであって、母娘の関係は人格形成する上での肝のようなものだと感じています。

子供の承認欲求は9・10歳がピークで、この頃にありのままの自分で居ても認めて貰えるという絶対的な安心を得られると、人は等身大の自信を形成することが出来るのだそうです。

逆に母親自身のエゴが強く、娘の個性を見出す以前に半ば強引に自分の価値基準で縛り付けたり、自分が果たせなかった夢を娘に託して選択の自由を奪ったりすると、いつしか母親の欲求に応えることが自分の役目だと娘は思い込んでしまうといいます。

そして、本来の自分との分離感に苦しみ続けます。

人がありのままの自分を好きで居られる、自己肯定感を養う為に必要な要素は二つあると言われています。

ひとつは『自分の気持ちにウソをつかないこと』
もうひとつは『未知なものを恐れないこと』

『母の日』の起源は1910年アメリカのウェストバージニア州で始まったとされています。

ある女性が亡くなった母親を追悼する会を行なった際、母親が好きだった白いカーネーションの花を参加者全員に配り、そこからカーネーションが『母の日』の象徴となったのだそうです。

この女性の母親は生前、南北戦争で傷を負った兵士の衛生状態を改善する為の『マザーズデー・ウォーク・クラブ』という組織を立ち上げ、敵兵のケアも献身的に行なった、愛に溢れた女性です。

カーネーションの花言葉は『純粋な愛情』

母親の無償の愛を受けながら、またそのライフスタイルに対する敬意が世界的な共感を生んで定着した記念日が『母の日』の由来なのだそうです。

母親がどういう生き方をしているか、また幼い頃の自分との接し方に悩みトラウマを抱える女性たちは自分自身も含めて本当に沢山居て、いい大人になってから関係が悪化するケースも多いといいます。

先述の女性は現在ご自身も母親となって、目下子育ての真っ只中に居ますが、
「親にして貰った事を、自分も子供たちにしてあげたい。」
と目を潤ませながら話してくれました。

母親が子供の生まれ持った天分をありのままに認めてくれて、それを称賛してくれた記憶は何にも代え難いもので、その記憶が人生のどの場面においても力を与え続けてくれる原動力になるのだと思います。

そんな子供の『素敵』な要素を『強み』に育てられるお母さんたちを、『母の日』に改めて尊敬します。